ぎっくり腰(急性腰痛症)

いわゆる「ぎっくり腰」といわれる、急激に腰に痛みがあらわれる「急性腰痛症」
ぎっくり腰の急激な痛みは突然来ることも多く、その痛みを脳が記憶してしまい、その恐怖心でなかなか動けない状態になってしまうので深刻な症状だと思いがちですが、適切に処置すれば比較的早くに痛みは取れます。しかし、特に初めてぎっくり腰になった方は、どんな病気が隠れているかも知れないので、全ての症状でいえることなのですが、まず、病院を受診して、医師の診断を仰ぐことが大切です。「ぎっくり腰」という診断を受けてから当院に掛かってください。多分、病院では湿布薬をもらうだけでしょうから。

画像の説明
  • 前かがみの姿勢で重い物を持ち上げたとき
  • 腰をひねったり伸ばしたりしてベッドから立ち上がったとき
  • 顔を洗おうと前かがみになったとき
  • 前かがみになって靴を履いた瞬間

など、腰に負担のかかる姿勢をとったときに起こると一般的にはいわれています。しかし、瞬間的な動きが原因のように思われがちですが、ある一定時間(5分くらいでも)同じ姿勢(中腰)のままでいるとか、荷物の上げ下げなど同じ動作を繰り返すとか、そのような動作や作業をした、夜や翌朝に発症ということが多いように思われます。
ぎっくり腰(急性腰痛症)の痛みは身体を動かしたときに生じます。身体を動かさず、じっとしていても痛みがある場合は、他の病気も考えられるので注意が必要です。

ぎっくり腰(急性腰痛症)にはこんな施術をします
ぎっくり腰は基本的には疲労だと考えています。疲れた筋肉が硬くなり収縮し、腰椎や骨盤周辺の関節の動きが阻害されて、痛みが生じているのだと思います。もし、骨や筋肉に損傷があればじっとしていても痛いはずです。
筋肉を緩め、関節の動きを円滑にします。強い刺激を与えると筋肉が炎症を起こしてしまうので非常に繊細で柔らかいタッチになります。横になると痛みで起き上がれなくなることもあるので、施術は基本、座位で行います。ぎっくり腰は何もしなくても、多くは1週間ほどかけて次第によくなります。ただし、キチンと適切な処置をしないと再発がしやすくなることも多いようです。
外傷性(腰を打ち付けた、腰をひねったなどで骨に異常がなくても)の急性腰痛症は、当院では適用外です。筋肉の損傷なども考えられるので、必ず医師の指示に従ってください。

ぎっくり腰(急性腰痛症)の再発を予防するには、以下のような対応が大切です。
違和感が残ったままにしない
無理な姿勢をとらない(中腰のままの姿勢を続けない)
ストレスを軽減する
適度な運動を行う(ウォーキングで十分)
肥満を防ぐ

参 照 腰 痛 寝違え

何でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご予約は
ホームページを見て…
  とお電話ください。
0773-62-9880
 受付 9:00~20:00
   (日祝は17:00迄)

お問い合わせ
Webご 予 約
お急ぎの方はお電話でお願いします。

施術料金
初 回 8,000円
2回目~6,000円